デザインを根本から学べる專門学校がある

分野が多岐にわたる専門学校

現在日本にはさまざまな分野の専門学校があります。デザインに関する技術を学ぶ学校や、映像に関する技術を学ぶ学校、ネイルサロン開業のためのネイルスクールなど、挙げていけばキリがありません。大阪にも各分野で質の高い授業をする専門学校がたくさんあります。

新着情報

プロから直接指導を受けられる

専門学校の一番の強みがプロから直々に指導を受けられるという点でしょう。これは専門学校でないとできないことです。実際に現役で活動し、プロとしての技術を確立している人の話を聴くことはとてもプラスになります。

デザイン系専門学校から人気就職先ランキング

no.1

ファッションデザイナー

第一位に輝いたのはファッションデザイナーです。やはり、というべきでしょうか。専門学校で学んだ技術や知識を服飾関係の制作のために活かしたいという人がとても多かったです。今も昔もファッションデザイナーに憧れる人はとても多いですね。

no.2

映像編集

人気の就職先ランキング第二位は映像編集系です。デザイン系専門学校には映像編集や映像クリエイターの学科もあるので、その学科の人たちがそのまま映像編集の仕事先を希望することが多いとのことです。デザイン系専門学校は就職先は違う分野に行くことも多いですが、映像はその中でもさらに特殊な分野なので、もともと就職する業界を限定してから入校する人がほとんどなんですね。

no.3

グラフィックデザイナー

第三位はグラフィックデザイナーです。グラフィックデザイナーの仕事はとても人気で、グラフィックデザイン專門以外の人も就職を希望する人が多いです。グラフィックデザイナーは年収がピンからキリまであるので大変な仕事ではありますが、その分やりがいもあるということでしょう。

no.4

ヘアメイクアーティスト

第四位はヘアメイクアーティストです。ヘアメイクアーティストとはモデル業界や芸能界で髪のセットを担当する仕事です。評判の高いヘアメイクアーティストであれば業界で引っ張りだこになります。自分の感性をそのまま髪型で表現したいというアーティスト気質な人も多い業界です。

no.5

ネイルアーティスト

第五位はネイルアーティストという結果になりました。ネイルアーティストはネイルの專門学校の人がなるのもではないの?と思うかもしれませんが、デザイン系の専門学校でデザインに関する基礎を学んだ人がネイルアーティストになれば、ネイルのデザインに関して学んだ知識をそのまま活かせるのです。ネイルに関する知識も学べば、評価の高いネイルアーティストになれるということでしょう。

実際にデザイン系専門学校に通っている人の口コミ

プロからの指導が見に染みる

正直自分は高校卒業してから特にやりたいこともなかったので、しばらくフリーターしたあとにデザインの専門学校に入りました。当初は目標も特になかったですが、授業でデザインを学んでいるうちに段々とハマっていき、今ではデザインの勉強が楽しくて仕方ありません。自分を劇的に変えたのはある現役デザイナーのある言葉でした。「デザイナーなら努力までデザインしろ。」というもので、正直意味はよくわからないけど、自分なりの技術とスタイルを身につけて生きていければいいなあって思いました。

技術を身に着けやすい環境

高校のとき漠然とグラフィックデザイナーになりたいと思い、そっち系の専門学校に今通っています。この学校に通ってよかったと思うところは校舎がオシャレだというところです。この学校にいるだけでインスピレーションが湧きます。いるだけで刺激が受けられる空間はプライスレスですね。五感が磨かれているような気がします。

理論の重要性を知った

自分はデザインは感性だろ!っていう派なんですが、デザインの専門学校に入ってから理論の重要性を理解しました。デザインに関しては、感性から理論体型が出来上がっていったという経緯があるので、感性と理論は相反するものではないのですね。

ライバルが刺激になる

デザインの専門学校で映像系の学科に通っています。その学科には、もともとある程度映像に関しての知識があるめちゃめちゃ出来るやつがいたんですが、話を聞いてみるとなんと同い年。負けてらんね~と自分に火がつき、技術的にはまだまだですが、段々と講師陣にも評判のよい作品が作れるようになってきました。そのライバルもいつか追い越せるように頑張るぜ!

目標は即戦力

デザインの専門学校に入った時点から、自分の目標は2年間で業界に通用する戦力(技術)を身に着けることでた。当初から鼻息荒く授業を受けていましたが、ある講師からこう言われました「デザインは筋トレと違うから無闇矢鱈とやるのはよくない。」自分はえっ!と思いましたが、考えてみれば第一線で活躍するならば、技術以上の何かが必要だということでしょう。そういった目線から見れば、即戦力の意味も変わってきます。技術はもちろんのこと、自分のオリジナリティや企画&提案力のパロメーターも伸ばしていきたいです。

専門学校を選ぶポイント

オープンキャンパスへ行こう

専門学校を選ぶときに必ず利用したいのがオープンキャンパスです。オープンキャンパスへいけば学校の雰囲気などがわかります。実際に自分でその専門学校へ行き、校舎や通っている人をじっくり観察すると自分が通ったほうがいいのか判断がつきやすいです。

家から通える場所にあるか

専門学校が住んでいる場所から通えるかどうかというのも非常に大事なポイントです。いくら質の高い専門学校でも、通うのに時間が掛かるようなところは避けたほうがよいです。習得した技術をさらに磨くことに時間が使えなくなるからです。

専門学校の設備

専門技術を学べるような最新の設備が揃っているかどうか確認してみましょう。特にデザインや音楽クリエイターなどの仕事の場合、最新のソフトやハードに関する技術を学べなければ仕事を得るのが難しくなっています。

学費

お金の面はどんな人にとっても切実な問題だと思います。専門学校には学費が高いところも多いのですが、それに見合った技術が身につくのであれば、学費を払う価値は十分あると思います。通う期間学費を払う計画はしっかりと立てておきましょう。

授業中の生徒や講師の姿勢

実際に体験入学などで授業を受けてみて、講師がどれくらいの熱意を持っているのか、生徒の受講姿勢はどうなのかしっかりと観察しましょう。特に生徒の態度は重要です。やる気のなさそうな人が多い専門学校は避けましょう。

デザイン専門学校の特徴

女性

より專門的な環境に身を投じる

專門には同じ目標を持つ同期生がたくさんいますし、その業界で活躍する人や有能な講師陣と出会うこともできます。専門分野を学ぶには、このような専門的な環境が必要不可欠といえるでしょう。

受け身にならない能動的な姿勢が大事

専門的な技術を身に着けるためには決して受け身にならず、自分から動くことが大事です。自分から積極的に講師陣とコミュニケーションを取っていけば、技術は自ずとついてくることでしょう。專門学校を利用しようというくらいの気持ちが大事です。

目標は時期によって変える

専門学校でデザインなどを学ぶ際には、みんながそれぞれ高い目標を持っていると思いますが、その目標を常に変化させて行くことが大事です。デザインの専門学校では個人の今の能力に合わせて目標を高く設定してあげたり軌道修正してあげたりすることができます。これは決して一人ではできない貴重な財産になるでしょう。プロに近付く為のワザを根こそぎ学ぶと良いです。

専門学校についてのいろいろな情報

女の人

感性と技術を融合する専門学校

デザイン系の専門学校の意義について記載しています。専門学校に行こうかどうしようか迷っている人はぜひ参考にして下さい。

READ MORE
ネイル

優れたネイルスクールの特徴

さまざまなネイルスクールがありますが、優れたネイルスクールとはどんなものなのか書いています。ネイルの技術を学びたい人はみておきましょう。

READ MORE
広告募集中